この星に生まれて - SKCMR's BLOG

オフタイムの記録。ガジェットと写真のログ。※年1回ぐらいしか更新しません※

カテゴリ:特集カテゴリ > 2007日暮里駅改修工事

Nippori_480

「YouTube - 新宿ガムテープ道案内」に影響されて、自分でも日暮里駅で修悦体を探しに行ってきました。せっかく有料プランなので、FTPアップロードして特集ページを組んでみました。

テンプレートを写真の大きさに合わせるのに馬鹿みたいに時間を費やしてしまいました。もともとの変な文法を使ったテンプレートなので、FirefoxでもInternetExplorerからでも微妙に表示がおかしいorz
続きを読む

このページは2007年8月に作成した特集ページの転載です。

日暮里25


2007年07月31日 日暮里駅写真撮影の記録

2003年、新宿駅において線路の切り替え工事が始まった。通路の安全確保のための鉄板が至る所に立ち、物々しい雰囲気をかもしだしていた中で、ひときわ目立つものがあった。鉄板の上に書かれた大きな文字はガムテープで作られていた。


2007年、トリオフォーによって作られたインタビューの様子が同が共有サイトYouTubeにUPされ話題となる。予告編によると現在は日暮里駅でこの文字が見れるらしい。


興味をもった私は、カメラをもって日暮里駅に急いだ。これからの約40枚の写真は2007年07月31日、独自に撮影した日暮里駅改修工事のガムテープ文字"修悦体"である。



このページは2007年8月に作成した特集ページの転載です。

山手線ホームから北口改札へ

大きな文字も簡単に印刷できるようになってしまったのだろうか、案内は白いガムテープで囲まれ、序盤から修悦体を見つけることはできなかった。
日暮里02


KIOSKへの案内

少し進んだところに修悦体らしきKIOSKの文字を発見する。
日暮里03


北口改札へ向かう通路

紙に印刷した文字による案内が続く。日暮里駅で見ることはできないのか。
日暮里04

このページは2007年8月に作成した特集ページの転載です。

北口改札のサインシステム

北口改札の前にきて、ようやくそれらしい案内を見つけることができた。
日暮里05


大きく太い矢印による案内

太い矢印、赤いガムテープでの案内は非常にわかりやすい。
日暮里06


ガムテープによる追記

もともとあったところに、赤い矢印が追加されている。エレベータの場所がわかりやすい。
日暮里07



このページは2007年8月に作成した特集ページの転載です。

12番線の文字

ホームを表わす大きな数字は、初期からある修悦体である。右の注意書きは青のガムテープで囲われ強調されていた。
日暮里08


12番線の文字の上

すこし上に目をやると、11番線・12番線の案内標示が印刷されていた。詳しい情報を得るには必要なものであろうが、止め方が甘い。
日暮里09


12の2の文字に近づいてみる

プロの作りだ。文字の角が丸くなっている。ただ描けばいいのであれば、このような丁寧な作りにはならないはずだ。
日暮里10


11番線・12番線

大きな文字は非常にわかりやすい。
日暮里11


消化器その1

消化器その1。
日暮里12


10番線

10番線前の注意書きも縦のみではあるが青のガムテープで強調されている。
日暮里13


9番線・10番線の様子

こちらも同様。
日暮里14


このページは2007年8月に作成した特集ページの転載です。

常磐線ホームへ向かう

この文字のしきりと矢印はガムテープである。これから常磐線・京成線の方向へ向かうとしよう。
日暮里15


我々が利用しないところにまで

この奥が建設資材置き場になっている模様。黒字に白テープは特に目立つ。安全にも配慮されている。
日暮里16


床に書かれた「止まれ」の文字

もともとはカタカナであったらしい。それをつくりなおしたもの。「ま」の字が特に特徴的。
日暮里17


トイレの文字

トイレの「イ」の字がまた特徴的であった。1件苦情がきているようだが、曲がっているものをまっすぐに書こうとするとこうならざるを得ないらしい。
日暮里18


京成線への案内

小さいながらに最高傑作。この飛行機マークもガムテープで書かれている。(羽田空港は別として)成田空港へはJR線でも行ける距離だがJR線に切符の値段の表示がない。京成線のほうが格段に安くいくことができる。
日暮里19


3番線常磐線方向

常磐線の文字は紙の上に大きくガムテープで描かれている。行き先の部分だけ上から紙であとから追加されている。
日暮里20


矢印

北口、京浜東北線、山手線、化粧室、トイレ、非常口、・・・
日暮里21


京成線乗り換え通路

紙の上に京成の文字が描かれているが、左右がガムテープでつぶされている。駅の通路の切り替えで何度も上に矢印が書き直されたのだろう。
日暮里22


柱をまたぐ矢印

これもまた新しい矢印である。柱になっている部分をまたいでいる。
日暮里23


続きを読む

このページは2007年8月に作成した特集ページの転載です。

京成線のりかえ専用口付近

JR線の切符だったのでこれより先の京成線ホームに行くことはできなかったが、どうやらこの先はなさそうでさる。JRの駅構内を見て回ることにした。
日暮里24


京成線からの利用者のための案内

振り返ると巨大なサインシステムが待ち構えている。
日暮里25


紙による制作物

さすがに階段やエスカレーターのマークは紙で作られていた。ガムテープとの組み合わせでどちらの通路に行けばいいか非常にわかりやすくなっていた。
日暮里26


次のサインシステムに目をやる

こちらにも発見。出口の文字が太く作られている。
日暮里27


JRのマーク

このJRマークは色指定。これ一つだけ見ても力作。
日暮里28


南口改札方面

鉄板のない部分をテープがまたぐ。この矢印の曲げはそのためか。

日暮里29


乗り換え通路の変更

見る限り、頻繁に乗り換え通路が変更されているのがわかる。それでも大きく書かれた案内で行き先に迷うことはない。
日暮里30


消化器その2

こちらは黄色いテープ日暮里31



このページは2007年8月に作成した特集ページの転載です。

2007スタンプラリー

北口改札の外でも修悦体を見ることができた。スタンプラリーの「ー」から見られるようにこだわりが感じられる。普通に書いていたらこの表示は目立たないのかもしれない。
日暮里32


日暮里駅 緑の窓口 きっぷうりば

緑色のガムテープを細く切って書かれている。直線であらわすとこうなる。
日暮里33


北口改札

このふと文字は遠くからでも見やすい。鉄板を解体したときにほかの場所で再構成しやすそうである。
日暮里34


床面に書かれたスタンプラリーの文字

写真掲載の都合上、縦に撮ったものを横に表示させてしまっているorzこれも修悦体。このガムテープは剥がれにくそうだ。
日暮里35


赤い京成の文字

京成の色は赤のようです。
日暮里36


隠された修悦体

通路の色が青の異色バージョンだが、現在は覆い隠されてしまっている。隠されてはいるが後ろのサインシステムのほうがやたら目立つ。
日暮里37


続き

続き。
日暮里38


鉄板の壁面

壁一面が生徒作品展となっていた。ちなみにこの文字も。
日暮里39


斜めから

斜め方向から作品一覧。
日暮里40



このページは2007年8月に作成した特集ページの転載です。

日暮里駅入り口

ここからは生まれ変わりつつある日暮里駅の外観を、そして京成線のほうへと移っていく。
日暮里41


日暮里駅東口完成予想図

東口の完成予想図。舎人ライナーの乗り換え口ができる。
日暮里42


京成日暮里駅完成予想図

京成線側の変化が特に大きい。下りホームが上(3階?)へと移動しスカイライナー専用ホームもできるのだ。
日暮里43


京成線の線路風景

下り路線は現時点でこれだけ。
日暮里44


クレーン

舎人ライナーをはじめ、日暮里駅自体も新しく生まれ変わるか。
日暮里45


京成線のりかえ

もとからあった京成線のりかえの文字。日暮里駅と言えばもともとこの表示が印象的だった。この下には新幹線が走っている。老朽化が激しい。
日暮里46


JRのホーム

京成線のホームが切り替わり次第、こちらも線路の移動でホームの幅が拡張されるだろう。
日暮里47



このページのトップヘ