この星に生まれて - SKCMR's BLOG

オフタイムの記録。ガジェットと写真のログ。※年1回ぐらいしか更新しません※

カテゴリ:閑話休題 > 休憩

DSC_4386
いろいろ事件があったりして、更新が止まってしまうこともあるんです。試験勉強優先のため、この後も半年ぐらい更新止まってました。穴埋めするような形で過去記事を更新しています。

同じ寮の人たちが一斉に故障してきました。
多くの方は慢性的な研修疲れでしょう。
ゴールデンウィークを挟んで生活リズムが狂ったせいもあるでしょう。
肉体的にだけでなく、精神的にも結構きているはず。
研修1ヶ月目を過ぎたあたりっていうのは、結構ダウンする率が高いみたいです。
アドバイスしておかないと、周りも次々に故障していきそうなので、私からもできる限りのことを。。続きを読む

5月になりまして、ついにインターネット開通。久しぶりの更新になってしまいました。

絶対新卒で就職しとけ、研修で自分に足りない部分が見えるはずだから、それから行動を起こしなさいと言われ、入社一か月。まったくもってその通りだなと実感しています。

社内の同期とも仲良くなり、これからはヨコだけでなくタテの人脈作りの時期に移り変わっていきそうです。てかナナメの人脈がまた増えたwやたらOFF会に参加するようになりました。

いやいや、「弱い絆の強み」って、ずいぶんと前にこのブログで上げましたが、それなりの効果は実感しています。しかし実際はタテにもヨコにも素晴らしい人たちがいました。続きを読む

2008
あけましておめでとうございます。ってか今さらかよ、と自分で突っ込みたくなるぐらいのタイミングで今年実質はじめての更新です。

言うまでもなく、無意味なことをブログに書くことには完全に飽きています。現にほかに持っている専門サイトの更新ばかりがものすごいはかどってます。どう考えても「飽きる」という単語以外に2008年のキーワードは出てこないのですが。ほんとに。

そもそも「すぐ」飽きる原因って流行に乗っかっているからじゃないんですかね。廃れたらもうどうでもよくなる。これはブログにおいても言えることです。続きを読む

2862af3d.jpgペンケースの中から取り出してみたら、あれま。

そんなに荒く扱った覚えはないのに。被害が少なくてよかった。。

人々はなぜ後から追加していったもの自体を目的にしてしまったのだろうか。

開始して半月近く経過して飽きることなく続けているTumblr。他のReBlog(Twitterなど)と大きく異なる点はコミュニケーションしないということ。コンセプト的に正反対である。

Blogにある機能のうち特に目がつくのがコメントとトラックバックである。人々はそこから生まれたWeb2.0の文化にばかり目がいてしまった。コミュニケーションの場として考えられたmixiでさえも前にも書いたとおり絶対的な必要性を失いつつある。もっとひどいのがTwitterや SecondLifeである。

Twitterのように数時間置きに書き込みしコメントをするには最適だろうが、そういう使い方でいつまでいられるであろうか。ログがすぐに古くなりテーマも統一されていなく有益なものとして残りにくいであろう。(別に必要ないとは言わない。自分も使いたいときは使ってるから。)

SecondLifeは、それをコミュニケーションのための道具とみなしてしまった場合は最悪だ。これほどまでに同時性を過剰に意識しなければならないものはWeb2.0史上なかったであろう。(別に必要ないとは言わない。ほかの使い方をすればいくらでも可能性はあると思う。)

それらと全く逆の発想なのがこのTumblrである。続きを読む

今日はニュースラッシュになりそうなので、そろそろ更新再開しようかと。。
なぜかわれわれの研究室だけ早く発表があって、ほかの研究室の発表には行くだけ行かなければならないという無駄時間の多い状況になっております。
7分間で説明を終わらせるという無茶な状況をなんとか早口で乗り切りました。
私のは話がまとまっているので何も問題なかったのですが・・・どう考えても話をまとめられないような研究をやっている人もいるので、そっちのサポートで手がいっぱい。研修どうしよう。

bc9960e1.jpg内定式に続いて今日は研究室の懇親会(?)でした。実は私一人だけ学年違いで最後まで混ざってましたw

後輩がいないのではと心配していましたが、教授に潰されそうな人はいなくて本当に安心。

みなさん多趣味で本当に幅が広い。さらに優秀そうなので、この研究室では「忍耐力」でなく「受け流す力」をうまく身につけられそうですww

このページのトップヘ